カメラマン長谷川修のオフィシャルサイト 



【作品カテゴリー 一覧】
 第1回公開作品  1996年にホームページを開設したときのページです。
 街歩き  人が暮らす「街」を表現したいと思い、撮影した写真です。
 ポートレート  モデルさんを撮影させてもらった写真作品です。
 静物系  いわゆる「スチールライフ」という写真です。
 ネイチャー系  日々の暮らしの中で、季節の移り変わりに撮影した写真です。
 ハガキ  今、ご覧いただいているページです
※ページ内の画像をクリックすると、大きな写真でご覧いただけます。

【写真作品 ハガキ 3】
 2018年 暑中見舞い
2018年の暑中見舞いは、メトロ文化財団が主催するメトロ文学館で入選した作品をポストカードにしました。
(挨拶文)
暑中お見舞い、申し上げます。
メトロ文化財団の「メトロ文学館」に応募した作品が入選しました。
アルバイトをさせてもらった高校生のときの東武ストアで、専門学校生のときのロッテリアで、写真を学んだ博報堂写真部でと、いろいろな方の、いろいろな言葉に諭され教えられての「今」です。
そんな思いを綴った一文が評価され、入選しました。
ちょっと誇らしく、ちょっと自慢したくもあり、の気持ちの暑中のご挨拶です。
今年は、ことさらに暑い夏です。
どうぞご自愛ください。

−−−−−−−−(以下は、入選作品の原文です)−−−−−−−−

「もっと心を開け。仲間にもクライアントにも、自分にも」
異動していく課長が送別会で一合コップに大吟醸を注ぎながらかけてくれた言葉。
仕事で行き悩み、彼女と別れたばかりの憂愁な僕は一気に飲み干す。
酔いのせいか体がふわりと軽くなり、言葉のおかげか心の奥底に沈む重石がぷかりと浮いた。
いくつもの季節が巡り、おろしたてのスーツが街を闊歩する春。
「良い上司や先輩に巡り合えますように」
エールをおくる僕が、今ここにいる。

 2018年 年賀状
2018年の年賀状は、実を言うと制作するのを忘れていたのです。
なんか、ザワザワそわそわしているうちに歳末になってしまい、つくり忘れていました。
今どきはメールやSNSでの挨拶も一般的になっているようだし、この際だからやめちゃおうかなあとも思ったのですが、年の初めはきっちりけじめをつけないとという思いもあり、ダッシュで(笑)つくりました。

この写真は、一昨年の12月に徳島へ行かせていただいたときに撮影したものです。
向かって左に白峰三山、右奥に八ヶ岳を従え、山頂付近に雪化粧をして雲をまとう富士山がとても美しかったです。
美しさに惹きつけられて、空席がけっこう多かったこともあり、何枚も何枚も夢中になって撮影したことが思い出されます。


次ページ>>

トップページに戻る

掲載している写真や文章などの無断転載および無断使用を禁止します。
個人情報保護基本方針(プライバシーポリシー)
By;Osamu Hasegawa