カメラマン長谷川修のオフィシャルサイト 



【ボクの仕事】
撮影のほか原稿執筆プランニングなど、いろいろな仕事をご依頼いただいています。
仕事の内容はさまざまですが、それぞれの仕事に「誠実に確実に!」を心掛けて向き合い、ご依頼にお応えしてまいりました。
ここに、一部を掲載させていただきます。
これからも、「誠実に確実に!」を心構えとして、ご依頼にお応えしてまいります。
撮影や原稿執筆などのご依頼やご紹介をお待ちしております。
なお、ボクのセールスポイントは、ウリのページをご覧ください。
また、これまでご依頼くださったクライアント様(お取引様)は、こちらに掲載しています。

【これまでの仕事 一覧】
 企業広告&PR  企業広告や広報などで取り組ませていただいた内容です。 2017.02.24
 雑誌など  雑誌やホームページなどに掲載された内容です。 New! 2017.03.04
 書籍など  書籍の制作に携わらせていただいた内容です。 2016.04.21
 ポートフォリオ  仕事で撮影させていただいた作品写真です。 2014.09.28

【料金など】
 仕事の料金について  仕事を承ります料金について、ご参考ください。
 仕事へのこだわり  仕事へ取り組む姿勢や考え方を述べさせていただきます。
 ウリ  得意技や特徴などのセールスポイント、クライアント様の一覧など。

【最近の仕事ぶり 10】
 歩く目的 109
今回の「歩く目的」のテーマは、「東京湾クルーズ」です。
東京湾に漕ぎ出す観光船は数多くありますが、会社やサークルなどの団体で貸切ったり、食事が付いてちょっと割高だったりするものがほとんどで、「個人で気楽に乗船」というタイプのものは少ないです。
数は少ないけれど、探すと良心的な料金で、とても素晴らしい風景に出会えるクルーズ船があります。
今回は、天王洲アイルを出発して城南島を経由し、羽田空港沖に出て離着陸する雄大な飛行機を下から見上げます。
その後、東京オリンピックパラリンピックの会場予定地である海の森や「東京風ぐるま」の愛称がある東京臨海風力発電所の脇を通過し、東京ゲートブリッジの足元へと到着します。
鉄骨量は東京タワーの約4倍も使われ、階上からの高さが約90メートルもある東京湾ゲートブリッジをくぐるときには、思わず、口があんぐりしてしまいす。
その後、お台場沖を通って大井埠頭のコンテナ群を眺めて、天王洲アイルに帰着します。
こういう船旅も、面白いものだと思いました。
 ・芝原新聞販売のホームページ
 ・歩く目的を制作している緑心社のホームページ


次ページ>>

トップページに戻る

掲載している写真や文章などの無断転載および無断使用を禁止します。
個人情報保護基本方針(プライバシーポリシー)
By;Osamu Hasegawa