カメラマン長谷川修のオフィシャルサイト 


New!

New! New!


 東京都内(文京区)に撮影スタジオがあるフリーカメラマンです。
 ポートレート、静物(商品)、料理、スナップなど幅広いジャンルで
 写真撮影を承っています。
 企業広告(コマーシャル)広報雑誌の撮影を中心に活動しています。
 スタジオ撮影はもちろん、ロケ撮影出張撮影にも対応いたします。
 写真撮影のほか、ビデオ撮影映像編集もお任せください。
 「こういう写真が必要」「こういう撮影がしたい」など写真撮影について
 何でもご依頼&ご相談
ください。
 プロカメラマンとしての撮影のほか、ライタープランナーとしても
 活動していて、取材企画立案などにも対応させていただきます。
 取材原稿作成企画立案などのご依頼ご相談も、ぜひ!
 個人向け撮影「窪町スタジオ」も、ぜひご利用ください。

 仕事の実績や料金などは、「これまでの仕事」のページをご覧ください。
 セールスポイントは、「ウリ」のページをご覧ください。
 連絡先や所在地などは、アクセスのページをご覧ください。
 公益社団法人日本写真家協会(JPS)会員


【ちょっと自慢させてください】
 これからはじめる商品撮影の教科書 中国語版 2
これからはじめる商品撮影の教科書 中国語版
2014年秋に出版した「これからはじめる商品撮影の教科書」という写真撮影の解説書籍が、中国語版に翻訳され、版元さんからお送りいただきました。
昨年の今ごろも、同じように中国語版に翻訳した本をお送りいただいたのですが、前回のは「繁体字の中国語版」で、今回のは「簡体字の中国語版」のようです。
まあ、前回のは台湾版で、今回のは大陸版」と言ったところなんだと思います。
いずれにしても、自分の名前が記された出版物が、日本国内だけじゃなくて、いろんなところで出してもらえるのは嬉しいですし、ちょっと誇らしいです。

【出版のご案内】
 これからはじめる商品撮影の教科書 〜あなたも「プロ級写真」が今すぐ撮れる!
「これからはじめる商品撮影の教科書」(技術評論社)という書籍を出版しました。
こういう写真撮影の解説書籍は、今回で5冊目で初めての単独著書です。
今までは共著助太刀的手伝いの立場での著書のものでしたが、5冊目にして初の単独著書になるのです。
そして、「このような内容で」という最初の原案や構成を考え、作例写真を全て考えて撮影し解説文を書き綴ったことでもあり、まるで宝物のような思いの一冊です。

内容は、タイトルにあるように商品撮影の基本について解説したものですが、大型ストロボやスタンド、ポール、ディフューザーなどプロ用の撮影機材ではなく、電球型蛍光灯とディフューズボックスを使うセッティングの解説を主にしました。
また、基本的なセッティング、もっとも大切な考え方である「光の質」と「光の方向」について、質や形状の異なる商品ごとの作例など、スタジオ撮影の基礎から応用までをわかりやすく解説しています。

版元さんの書籍概要にもあるように、「プロではない」人でも、低コストの機材でプロ顔負けの商品写真を撮影するためのライティングのノウハウを解説した書籍です。
「予算が少ない、更新が頻繁にある、納期が短いなどで撮影する必要にある人たち」に、ぜひ手にとってほしいです。
 ・この書籍のホームページ
 ・技術評論社のホームページ

【最近の出来事やら、思うことやら】
堀端
商家
宿場町
宇江佐真理さんや安住洋子さん、今井絵美子さんなど江戸時代を描いた小説を貪り読んでいるせいか、なんと、江戸へ行ってしまいました。
とまあ、そういうことではなく、茨城県伊奈町(つくばみらい市)にある「ワープステーション江戸」という時代劇のオープンセットが立ち並ぶ撮影スタジオで、一般公開もしているので行ってきたのです。
実際に、この秋に放送予定のドラマを「大店通り」というエリアで撮影していて、一部に立入制限がありましたが、なかなかの風情です。
そして、ほかのエリアを見学していたら、この「大店通り」の撮影が終わったようで立入制限が解除になりました。
ラッキーです。
しかも、撮影後なので、日除け幕や暖簾がそのままかかり、いっそうの江戸風情です。
いやー。
ほんと、ラッキーでした。

かたわらには、センチューリースタンドや箱馬や銀レフやウエイトなどをドドンと満載したカートがあって、まさにロケ隊でありムービーチームでした。
博報堂のアシスタントとして学んでいるときに、何度も海外ロケに連れていってもらい、そのときにいろいろお世話になった撮影チームの職人とも言えるギャファーさんやグリップさんのことを思い出し、ちょっとセンチメンタルな気分になってしまいました。
ミシシッピ川の流域の撮影で移動中に、グリップさんが運転する車の助手席で、ラジオから流れてくる音楽の話や撮影についての話なんかをしたなあいう記憶が、ふわっと浮いてきました。
海外ロケに何度も行かせてもらっていたおかげで、撮影と日常生活には困らないくらいの英語力があったのです、このときには!

なんか、こうやってチームでつくり上げていくっていうことに羨ましさがあります。
スチールのカメラマンって、孤独感にさいなまれながら(笑)が日常ですので、ほんと羨ましいです。
ちなみに、今日は、クライアントさんやデザイナーさんの立ち合いはなく、たった一人でボクのスタジオ(事務所)で商品撮影です。
あぁ。ひとりぼっちです。

(記 5月26日)

【このウェブサイトへのリンクについて】
このウェブサイトは、リンクフリーです。どしどしリンクを張ってください。
リンクを張っていただきましたら、ご一報ください。
こちらからもリンクを張らせていただきます。
よろしくお願いいたします。


【アンケートのお願い】
今後の作品づくりに活かすために、ぜひ、アンケートへのご記入をお願いします。
アンケートのお礼は、特にこれといってない(笑)のですが、お許しください。
それでは、アンケートのページからご協力お願いします。


















掲載している写真や文章などの無断転載および無断使用を禁止します。
個人情報保護基本方針(プライバシーポリシー)
By;Osamu Hasegawa