カメラマン長谷川修のオフィシャルサイト 


New!

New! New!


 東京都内(文京区)に撮影スタジオがあるフリーカメラマンです。
 ポートレート、静物(商品)、料理、スナップなど幅広いジャンルで
 写真撮影を承っています。
 企業広告(コマーシャル)広報雑誌の撮影を中心に活動しています。
 スタジオ撮影はもちろん、ロケ撮影出張撮影にも対応いたします。
 写真撮影のほか、ビデオ撮影映像編集もお任せください。
 「こういう写真が必要」「こういう撮影がしたい」など写真撮影について
 何でもご依頼&ご相談
ください。
 プロカメラマンとしての撮影のほか、ライタープランナーとしても
 活動していて、取材企画立案などにも対応させていただきます。
 取材原稿作成企画立案などのご依頼ご相談も、ぜひ!
 個人向け撮影「窪町スタジオ」も、ぜひご利用ください。

 仕事の実績や料金などは、「これまでの仕事」のページをご覧ください。
 セールスポイントは、「ウリ」のページをご覧ください。
 連絡先や所在地などは、アクセスのページをご覧ください。
 公益社団法人日本写真家協会(JPS)会員


【出版のご案内】
 これからはじめる商品撮影の教科書 〜あなたも「プロ級写真」が今すぐ撮れる!
「これからはじめる商品撮影の教科書」(技術評論社)という書籍を出版しました。
こういう写真撮影の解説書籍は、今回で5冊目で初めての単独著書です。
今までは共著助太刀的手伝いの立場での著書のものでしたが、5冊目にして初の単独著書になるのです。
そして、「このような内容で」という最初の原案や構成を考え、作例写真を全て考えて撮影し解説文を書き綴ったことでもあり、まるで宝物のような思いの一冊です。

内容は、タイトルにあるように商品撮影の基本について解説したものですが、大型ストロボやスタンド、ポール、ディフューザーなどプロ用の撮影機材ではなく、電球型蛍光灯とディフューズボックスを使うセッティングの解説を主にしました。
また、基本的なセッティング、もっとも大切な考え方である「光の質」と「光の方向」について、質や形状の異なる商品ごとの作例など、スタジオ撮影の基礎から応用までをわかりやすく解説しています。

版元さんの書籍概要にもあるように、「プロではない」人でも、低コストの機材でプロ顔負けの商品写真を撮影するためのライティングのノウハウを解説した書籍です。
「予算が少ない、更新が頻繁にある、納期が短いなどで撮影する必要にある人たち」に、ぜひ手にとってほしいです。
 ・この書籍のホームページ
 ・技術評論社のホームページ

【ちょっと自慢させてください】
 これからはじめる商品撮影の教科書 中国語版
左が中国語版で、右がオリジナル
一昨年秋に出版した「これからはじめる商品撮影の教科書」という写真撮影の解説書籍が、中国語版に翻訳されました。
これまでも、共著で携わらせていただいた書籍も、何冊か中国語版に翻訳されていますが、単独著書での翻訳は嬉しいですし、ちょっと誇らしいです。

表紙に使用している写真って、オリジナルの日本語版と違って、キラキラ系の写真を使っています。
なんか、このあたりは、中国の人が好きで目を引きそうなものを用いているのでしょうか。

そうそう。
中国語版になって解説写真やレイアウトが同じでも、日本語じゃない(当然なんですが)ので、なんかヘンです。
まあ、きっと、書いている内容は同じなのですから、読み比べれば中国語の勉強になるかなどとも思っています。

いずれにしても、中国語版も、たくさんの人に手にとって読んでもらえたら良いなあと思います。

【展覧会のご案内】
 田沼武能・熊切圭介・齋藤康一写真展 「時代の風貌」
案内はがき
ボクが所属する日本写真家協会(JPS)の前会長の田沼さんや現会長の熊切さんが、小説家や美術家など文化人たちの肖像写真の写真展を開催されます。
写真界の重鎮たちが、時代を創生した文化人をどんなふうにとらえたのか、なんか、考えただけでもワクワクします。
 会期:9月5日(月)〜11月4日(金) 10時〜18時(土日・祝日は17時まで)
 会場:ノエビア銀座ギャラリー (JR品川駅港南口 徒歩約8分)
     東京都中央区銀座7−6−15 ノエビア銀座本社ビル1F

【最近の出来事やら、思うことやら】
北陸の海の幸
昨日は、午前中に久留米での取材撮影を終えたあと、午後いっぱいをかけて福井へ移動してきました。
九州中部から北陸に抜けるって、なんか、よくある台風の進路と一緒だなあと思いつつ、新幹線とサンダーバードで福井へやってきました。

数年前に福井へ来ていますが、そのときに行ったのは大野市だけでしたので、県都の福井へは初めてです。
駅前はきれいに整備されているし、昔の風情が残る街並もあって、直感的いい街だと思いました。

昨日の夜は、ボランティアで障害者乗馬のNPOの事務局長をしているときに、とてもお世話になった福井在住の理学療法士の先生と食事をご一緒させていただきました。
障害者乗馬の活動から離れても、この先生とのお付き合いは続いていて、お忙しい中と思い、お声掛けするのをちょっと躊躇ったのですが、ご連絡したら「ちょうど、その日の夜は空いている」とのことで再会できました。
いろんな話の花が咲き、良い時間でした。

それに!
北陸の海の幸を満腹に堪能させていただきました。
刺身はもちろん、ノドグロの塩焼きや巨大なバイ貝の煮付けなど、北陸の海を食べつくした感じです。
いやー。
なんか、今回の全国遠征は、良いこと尽くめです。

(記 9月30日)

【このウェブサイトへのリンクについて】
このウェブサイトは、リンクフリーです。どしどしリンクを張ってください。
リンクを張っていただきましたら、ご一報ください。
こちらからもリンクを張らせていただきます。
よろしくお願いいたします。


【アンケートのお願い】
今後の作品づくりに活かすために、ぜひ、アンケートへのご記入をお願いします。
アンケートのお礼は、特にこれといってない(笑)のですが、お許しください。
それでは、アンケートのページからご協力お願いします。


















掲載している写真や文章などの無断転載および無断使用を禁止します。
個人情報保護基本方針(プライバシーポリシー)
By;Osamu Hasegawa