カメラマン長谷川修のオフィシャルサイト 


New!

New!


 東京都内(文京区)に撮影スタジオがあるフリーカメラマンです。
 ポートレート、静物(商品)、料理、スナップなど幅広いジャンルで
 写真撮影を承っています。
 企業広告(コマーシャル)広報雑誌の撮影を中心に活動しています。
 スタジオ撮影はもちろん、ロケ撮影出張撮影にも対応いたします。
 写真撮影のほか、ビデオ撮影映像編集もお任せください。
 「こういう写真が必要」「こういう撮影がしたい」など写真撮影について
 何でもご依頼&ご相談
ください。
 プロカメラマンとしての撮影のほか、ライタープランナーとしても
 活動していて、取材企画立案などにも対応させていただきます。
 取材原稿作成企画立案などのご依頼ご相談も、ぜひ!
 個人向け撮影「窪町スタジオ」も、ぜひご利用ください。

 仕事の実績や料金などは、「これまでの仕事」のページをご覧ください。
 セールスポイントは、「ウリ」のページをご覧ください。
 連絡先や所在地などは、アクセスのページをご覧ください。
 公益社団法人日本写真家協会(JPS)会員


【出版のご案内】
 これからはじめる商品撮影の教科書 〜あなたも「プロ級写真」が今すぐ撮れる!
「これからはじめる商品撮影の教科書」(技術評論社)という書籍を出版しました。
こういう写真撮影の解説書籍は、今回で5冊目で初めての単独著書です。
今までは共著助太刀的手伝いの立場での著書のものでしたが、5冊目にして初の単独著書になるのです。
そして、「このような内容で」という最初の原案や構成を考え、作例写真を全て考えて撮影し解説文を書き綴ったことでもあり、まるで宝物のような思いの一冊です。

内容は、タイトルにあるように商品撮影の基本について解説したものですが、大型ストロボやスタンド、ポール、ディフューザーなどプロ用の撮影機材ではなく、電球型蛍光灯とディフューズボックスを使うセッティングの解説を主にしました。
また、基本的なセッティング、もっとも大切な考え方である「光の質」と「光の方向」について、質や形状の異なる商品ごとの作例など、スタジオ撮影の基礎から応用までをわかりやすく解説しています。

版元さんの書籍概要にもあるように、「プロではない」人でも、低コストの機材でプロ顔負けの商品写真を撮影するためのライティングのノウハウを解説した書籍です。
「予算が少ない、更新が頻繁にある、納期が短いなどで撮影する必要にある人たち」に、ぜひ手にとってほしいです。
 ・この書籍のホームページ
 ・技術評論社のホームページ

【ちょっと自慢させてください】
 これからはじめる商品撮影の教科書 中国語版
左が中国語版で、右がオリジナル
一昨年秋に出版した「これからはじめる商品撮影の教科書」という写真撮影の解説書籍が、中国語版に翻訳されました。
これまでも、共著で携わらせていただいた書籍も、何冊か中国語版に翻訳されていますが、単独著書での翻訳は嬉しいですし、ちょっと誇らしいです。

表紙に使用している写真って、オリジナルの日本語版と違って、キラキラ系の写真を使っています。
なんか、このあたりは、中国の人が好きで目を引きそうなものを用いているのでしょうか。

そうそう。
中国語版になって解説写真やレイアウトが同じでも、日本語じゃない(当然なんですが)ので、なんかヘンです。
まあ、きっと、書いている内容は同じなのですから、読み比べれば中国語の勉強になるかなどとも思っています。

いずれにしても、中国語版も、たくさんの人に手にとって読んでもらえたら良いなあと思います。

 新聞に載っちゃいました
東京新聞 2016年4月7日(木)付 発言欄(ミラー)
昨日の東京新聞の朝刊に載っちゃいました。
4月1日に行われた入社式で感じたことを「新聞文体」にまとめまて投稿したら、掲載してもらえました。
しかも、ほとんど手直しをされることなく、ボクが書いた原稿のままでの掲載というのは、原稿を書く仕事もさせていただいていることもあり、嬉しいです。
勘違いかもしれませんが、「編集のプロ中のプロ」である新聞社の編集部の方にも認めてもらえたのでは、などと思うのです。
それに、いろいろな企業の広報にも関わらせていただいているので、こういちゃあなんですが、「新聞には、こんな表現や言い回しが良い」とか、「雑誌は、こう」とかということはなんとなく理解しているつもりなんです。
ですので、今回も、「こういう論旨を、こういう言葉遣いで」などと、ちょっと戦略的(笑)に考えたことが的中したのだと思うと、やはり嬉しいし、企業広報の仕事への励みや弾みになります。
まあ、そんなことも、「ささやかな成功事例」に過ぎないのですけれど。

江戸時代に書かれた書物にも、「今の若いヤツらはなってない」と先達世代がボヤくシーンが描かれているそうです。
いつの時代でも、若い世代は、上の世代から蔑まされるというか、軽んじられてきたのだと思います。
きっと、ボクの世代は親父や師匠の世代から見れば、今に至っても心もとないというか、「なってない」と思われていることでしょう。
こういうことが繰り返されてきて、こういうことを繰り返していくのだろうなあと、なんか、いろんなことを思ってしまう春の初めです。

−−−−−−−−(以下は、今回の掲載文です)−−−−−−−−

仕事柄、毎年、誰でも知るような大きな企業グループの入社式を撮影させてもらっている。今年も、4月1日には夢と希望、不安と心細さを抱く数多の若者たちが、全国で社会人へとデビューしたことだろう。
ここ数年間に入社式を迎える世代は、「ゆとり世代」と揶揄されがちだが、なかなかどうして「真摯で実直に他人と向き合える世代」なのではないかと、何年も入社式を撮影している立場として感じている。
詰め込み的教育を見直して、学習内容や授業時間を減らし「ゆとりある教育」を受けてきたせいか、自主性と覇気がないと言われるはするが、その反面、協調性や思いやりはとりわけてある世代なのではないだろうか。
そして、その協調性や思いやりは、「他人を受け入れよう」という寛容性につながり、「他人と向き合い、他人の話をきちんと聞く」という実直な姿勢に表れるのだと思う。
「人と向き合う」ということは会社内の業務だけではなく、これから先の社会や地域で生活を長く営んでいく上で最も必要とされる能力であり、こういう力をしっかり身に付けている今の世代は、なかなか頼もしいのである。
特に、人種や国籍、宗教、性別、働き方、障害、LGBTなど社会が多様化するこれからの時代。ささやかな成功事例とロクでもない経験によって凝り固まった価値観にしがみついている「老兵世代」なんかではなく、こういう世代こそが、先頭に立って引っ張っていってもらいたいと思うくらいだ。

【最近の出来事やら、思うことやら】
精算書
先日、カーバの精算書が届きました。
中央競馬での出走は、昨年11月の晩秋ステークスが最後となり、その後、大井競馬へ移籍していました。
ファンドそのものは大井競馬へ移籍しても継続されることになり、いわゆる「一口馬主」でした。
でも、移籍した大井競馬でも大敗が続いてしまい、ファンドが解散になったのです。
カーバ自身は佐賀競馬へ転厩となり、何戦かレースに出走してます。

精算書が届き、引退というか、カーバとの関わりが終わったことを実感しています。
でも、カーバは、41回も出走し、3勝もしてくれました。
1勝もできなかったり、掲示板にも乗ることもできなかったり、さらにはデビューもできずに引退する馬が多いと聞く中で、「3勝は大活躍!」と心から喜べる成績をカーバは残してくれました。
3勝目のときは、直線の入口で先頭に立ってからゴールするまで叫びっぱなしで、2日間くらい声がかれていました。
嬉しい思い出です。

そして、福島以外のJRAの競馬場で出走し、デビュー戦では福永騎手、池添騎手や和田騎手など「一流ジョッキー」と呼ばれる多くの騎手が手綱を取ってくださり、出走するたびに大きな期待を抱かせてくれました。
「ほんとうに、ありがとう」という思いでいっぱいです。

(記 5月31日)

【このウェブサイトへのリンクについて】
このウェブサイトは、リンクフリーです。どしどしリンクを張ってください。
リンクを張っていただきましたら、ご一報ください。
こちらからもリンクを張らせていただきます。
よろしくお願いいたします。


【アンケートのお願い】
今後の作品づくりに活かすために、ぜひ、アンケートへのご記入をお願いします。
アンケートのお礼は、特にこれといってない(笑)のですが、お許しください。
それでは、アンケートのページからご協力お願いします。


















掲載している写真や文章などの無断転載および無断使用を禁止します。
個人情報保護基本方針(プライバシーポリシー)
By;Osamu Hasegawa