カメラマン長谷川修のオフィシャルサイト 


New!

New! New!


 東京都内(文京区)に撮影スタジオがあるフリーカメラマンです。
 ポートレート、静物(商品)、料理、スナップなど幅広いジャンルで
 写真撮影を承っています。
 企業広告(コマーシャル)広報雑誌の撮影を中心に活動しています。
 スタジオ撮影はもちろん、ロケ撮影出張撮影にも対応いたします。
 写真撮影のほか、ビデオ撮影映像編集もお任せください。
 「こういう写真が必要」「こういう撮影がしたい」など写真撮影について
 何でもご依頼&ご相談
ください。
 プロカメラマンとしての撮影のほか、ライタープランナーとしても
 活動していて、取材企画立案などにも対応させていただきます。
 取材原稿作成企画立案などのご依頼ご相談も、ぜひ!
 個人向け撮影「窪町スタジオ」も、ぜひご利用ください。

 仕事の実績や料金などは、「これまでの仕事」のページをご覧ください。
 セールスポイントは、「ウリ」のページをご覧ください。
 連絡先や所在地などは、アクセスのページをご覧ください。
 公益社団法人日本写真家協会(JPS)会員


【ちょっと自慢させてください】
 これからはじめる商品撮影の教科書 中国語版 2
これからはじめる商品撮影の教科書 中国語版
2014年秋に出版した「これからはじめる商品撮影の教科書」という写真撮影の解説書籍が、中国語版に翻訳され、版元さんからお送りいただきました。
昨年の今ごろも、同じように中国語版に翻訳した本をお送りいただいたのですが、前回のは「繁体字の中国語版」で、今回のは「簡体字の中国語版」のようです。
まあ、前回のは台湾版で、今回のは大陸版」と言ったところなんだと思います。
いずれにしても、自分の名前が記された出版物が、日本国内だけじゃなくて、いろんなところで出してもらえるのは嬉しいですし、ちょっと誇らしいです。

【出版のご案内】
 これからはじめる商品撮影の教科書 〜あなたも「プロ級写真」が今すぐ撮れる!
「これからはじめる商品撮影の教科書」(技術評論社)という書籍を出版しました。
こういう写真撮影の解説書籍は、今回で5冊目で初めての単独著書です。
今までは共著助太刀的手伝いの立場での著書のものでしたが、5冊目にして初の単独著書になるのです。
そして、「このような内容で」という最初の原案や構成を考え、作例写真を全て考えて撮影し解説文を書き綴ったことでもあり、まるで宝物のような思いの一冊です。

内容は、タイトルにあるように商品撮影の基本について解説したものですが、大型ストロボやスタンド、ポール、ディフューザーなどプロ用の撮影機材ではなく、電球型蛍光灯とディフューズボックスを使うセッティングの解説を主にしました。
また、基本的なセッティング、もっとも大切な考え方である「光の質」と「光の方向」について、質や形状の異なる商品ごとの作例など、スタジオ撮影の基礎から応用までをわかりやすく解説しています。

版元さんの書籍概要にもあるように、「プロではない」人でも、低コストの機材でプロ顔負けの商品写真を撮影するためのライティングのノウハウを解説した書籍です。
「予算が少ない、更新が頻繁にある、納期が短いなどで撮影する必要にある人たち」に、ぜひ手にとってほしいです。
 ・この書籍のホームページ
 ・技術評論社のホームページ

【最近の出来事やら、思うことやら】
上三川ホースクラブ
ずっと変わらないプレート
先日、宇都宮へ取材撮影に行った帰りに、上三川ホースクラブに寄りました。
この乗馬クラブは、競馬雑誌の「競馬場以外に馬のいる風景」をテーマにするコラムページを持っているときに取材撮影させていただいてから、オーナーの篠崎先生とは親しくさせていただいています。
オーナーを「先生」と呼ぶのは篠崎先生は定時制高校の先生を勤められていたのと、ここは、心が傷ついて学校へ行けなくなった子どもたちを全寮制で受け入れている「なみあし学園」でもあるからなのです。
取材撮影をさせていただいて以来、何かと言っては出かけていって馬房掃除や飼いづけと引き換えに馬に乗せてもらったり、何を血迷ったのかクラブ内の馬術競技会に出場してしまったり、篠崎先生が日光東照宮の役員をしてることから時代祭りや流鏑馬では関係者しか入れないエリアで撮影させてもっらりしていました。

先日、久しぶりに訪れたときは夕方で、馬たちが飼いづけを食べる音が厩舎に響いているものの、篠崎先生もスタッフも見当たりませんでした。
しかたないので帰ろうかなあと思っていたら、篠崎先生が奥様が運転する車で戻ってこられました。
なんと!
アメリカへ行っていて、ちょうど戻ってきたところだったのだそうです。
いやー。
なんという偶然、なんという奇跡なのでしょう。

ご無沙汰ばかりをお詫びしつつ、いろんな話をさせていただきました。
篠崎先生のご家族のお話、日光東照宮の話、ボクの近況、ボクがボランティアで事務局長をしていた障碍者乗馬の認定NPOの話など、アメリカから帰ったばかりだというのに、いろんな話をさせていただきました。

ほんとうは、もう少し話をしていたかったのですが、お疲れのところ申し訳ないという思いと、取材撮影させていただいた記事をまとめ写真を現像しなければならないこともあり、1時間足らずで辞去しました。
以前と同じように、いつものように「いつでも来てよ」と送り出してもらいました。
何年、何十年経っても変わらない温かい場所。
もっと、もっと大切にしなければと思いました。

あっ。
そうそう。
篠崎先生が「また、一緒に何かやろうよ」とおっしゃっていたんです。
「何かやろう」って、またボクは何かやらされるんだろうなあと思うんです。
なんか、ちょっと怖いです。(笑)

大谷石の山
人の手で掘り進めたのだそうです
神秘的でもあります
取材と取材の間がちょっと空いたので、大谷石資料館にも行ってきました。
宇都宮の一大産業だった大谷石の採掘跡がライトアップされて公開展示されているのです。
人の手だけで掘り進めたという地下空間は、とっても神秘的でした。

(記 6月17日)

【このウェブサイトへのリンクについて】
このウェブサイトは、リンクフリーです。どしどしリンクを張ってください。
リンクを張っていただきましたら、ご一報ください。
こちらからもリンクを張らせていただきます。
よろしくお願いいたします。


【アンケートのお願い】
今後の作品づくりに活かすために、ぜひ、アンケートへのご記入をお願いします。
アンケートのお礼は、特にこれといってない(笑)のですが、お許しください。
それでは、アンケートのページからご協力お願いします。


















掲載している写真や文章などの無断転載および無断使用を禁止します。
個人情報保護基本方針(プライバシーポリシー)
By;Osamu Hasegawa