カメラマン長谷川修のオフィシャルサイト 



【雑記帳 〜常日頃に思うことの羅列〜 1998年】
 1998年9月19日(土)
う〜む。なぜ、なぜにこんなにホームページの更新が遅くなっているのだろう。
ところで、どうしちゃったんだ長嶋ジャイアンツ。
僕はどちらかといえばアンチ・ジャイアンツなのだけれど、やはり長嶋監督だからジャイアンツの試合を観ています。
でもね、長嶋茂雄はファンだけれど、長嶋監督には「?」ナノですよ、本音を言っちゃうと。
やはり、選手としては一流だったのかもしれないけれど、監督(管理職)としては二流以下なような気がしてならない。
やはり、清く引退をすべきだったんじゃないだろうか。
それでこそ、丸刈りが生きてこようというもの。それに、育成(教育)も采配(管理)もできない監督(上司)の下では、いいチーム(組織)は作れないと思うのです。

野球といえば、大リーグではマクガイヤ選手とソーサ選手のホームラン競走はミモノです。でも、一度でいいからソーサ選手がマクガイヤ選手を追い越して欲しい。シーズンが終わってマクガイヤ選手の方が多くのホームランを打つことになっても、1回くらいは世界新記録を味わって欲しいじゃないですか。

そうそう、大リーグといえば、マリナーズのマック鈴木投手がいよいよ活躍し始めました。数年前にテレビ・コマーシャルに出るほど人気だったのに、どうしちゃったのかと気にかかっていたのですが、ついにというか、とうとうというか、出てきました!
きっと、息の長い投手になってくれることでしょう。
でもまた、アホなマスコミがワンサカ取り上げちゃっうんだろうな。マック鈴木投手には、こんなヤツらに潰されないように注意して欲しいものです。

 1998年6月02日(火)
最近、サスペンスものを観るようになりました。
テレビ番組表の配役なり、粗筋なりを見て、ドラマの最初を見れば、「ああ、コイツが犯人だな」とわかってしまうのですが、観てしまいます。ドラマの筋書が進行して、その筋書に沿って推理をして、「ああ、やっぱりコイツが犯人だったのか」とわかるのではなく、テレビ番組表の配役なり、粗筋なりを見ただけでわかった、ということに喜びを感じてしまうのかもしれません。ドラマを観る前や最初の部分で「ああ、コイツが犯人だな」と推測をしたことの正解を確かめたくて、ついつい観てしまうのです。

 1998年6月01日(月)
人を好きになることは簡単でも、愛すること、見守ってあげること、そして、好きになった自分に素直になることは難しいものです。
なんか、そんなことを感じさせられた週末でした。

 1998年5月24日(日)
「常日頃」というタイトルのこのページですが、「常月頃」となりつつあります。
う〜む。時間ってこんなに早く過ぎるものだったのでしょうか。
先週、テレビ欄を見ていたら、「ショムニ」というフジテレビの番組表に戸田恵子という名前を見付け、「おぉっ」という気持ちで観ましたが、「あぁ〜」というか、「あぁ〜ぁっ」というか。ガッカリです。
いつの間にかあんなふうになっちまったんですね、戸田恵子って。なんか、ガッカリです。

 1998年4月22日(水)
おいしいコーヒーを煎れて待っているのに事務所を使うような仕事が無い。ロケや取材もの、はては文章書きのみの仕事が多いのです。
望んでいたわけではないのですが、取材や文章書きの仕事は面白いからいいし、仕事が無いよりいいのでしょうが、スタジオでばしばしライティングをして撮影をしたいです。
だからというわけではないでしょうか、反動なのでしょうか、ばしばしライティングをした作品撮りに燃えています。
われらが中日ドラゴンズが好調です。開幕戦に黒星を喫して、今シーズンも昨シーズンと同じか!?と思っていたら、3連戦を2勝1敗のペースできています。まあ、トレードがうまくいっただけなのかもしれませんが、この調子をキープしてもらいたいものです。

 1998年3月23日(月)
ふう。
なぜに、こんなに、時間の使い方が下手なのだろう。
気がついてみたら、1998年がもうすでに3月下旬になろうとしています。
毎日の時間が少なく感じています。僕だけ「一日20時間くらい」しか与えられていないのではないか、とも思えてきます。
なんか、このページが愚痴っぽくなってきました。乞許。

 1998年3月12日(木)
う〜むっ。
なぜに、こんなに、時間の使い方が下手なのだろう。
気がついてみたら、1998年がもうすでに3月中旬になろうとしています。4分の1が過ぎてしまったということです。
それなのに、今年初めてのホームページ大改造が今日になってしまうなんて。


1997年(後半)を見る
トップページに戻る

掲載している写真や文章などの無断転載および無断使用を禁止します。
個人情報保護基本方針(プライバシーポリシー)
By;Osamu Hasegawa