商品写真やスナップ写真、モデル撮影のグラビア写真、店舗・建物写真などのほか、取材やインタビュー、原稿作成なども評価が高いフリーカマラマン長谷川修のホームページ。写真撮影のほか、動画の撮影、取材やインタビュー、原稿作成なども承ります。写真コンクールや文学賞などでも入賞や入選し、多くの賞を受賞しています。写真も文章も高評価をいただいています。




【雑記帳 ~常日頃に思うことの羅列~ 2022年9月】
 2022年9月20日(火) 雨の夜の圏央道
中秋の名月
ここのところ、常磐道方面での撮影が続いています。
撮影機材を満載にしたり、撮影機材はカメラバッグひとつだけど車で行ったほうが早いし安かったりする、クライアント様がさまざまな撮影です。
自宅からだと幸手インターチェンジで圏央道に入り、つくばで常磐道へというるルートになるのですが、一度、雨の夜に帰ってくるときは怖い思いをしたので、夜間は、友部から北関東道に入って都賀で東北道というルートで帰ってきています。

いや、あの、その。
圏央道って片側一車線で、路面が雨で濡れていると、どこが走行車線なんだか、よくわかんないんです。
それに、対向車線との区切りって膝くらいの高さのポールが並んでいるだけなので、正面衝突するんじゃないかっていう恐怖もあります。
昼間はじゅうぶんに視界良好なので良いのですが、夜、特に雨降る夜は怖いなあと思いました。
北関東道だと300円くらい高くなるし、所要時間も少しかかるのですが、片側2車線で対向車線との区切りもガードレールだし怖くないです。

そう思うと、長距離ドライバーさんとかは、たいへんなんだろうなあと、思いまいました。
だって、全国各地には片側一車線の高速道路ってけっこう多いし、トラックなんてボクが乗っている自家用車の何倍もある(何倍ってほどじゃないかもしれないけど)わけで、それを、暗くて走行車線がよく見えない道路を走るって、たいへんなんだろうなあって、つくづく思うのです。
何はさておき、事故なく安全にと願います。


2022年8月を見る】  【能登半島地震レポート】  【入院日記  
トップページに戻る

掲載している写真や文章などの無断転載および無断使用を禁止します。
個人情報保護基本方針(プライバシーポリシー)
By;Osamu Hasegawa